あさりまん
最近食べたなかで一番おいしかったのが木更津駅の駅弁屋にあった「あさりまん」。つまりアサリの具の肉まんで、うまい。おすすめです。駅改札外の階段下のキオスク脇にあります。
国鉄食堂
ここは西日本の、かつて機関区のあったI.S駅。国鉄時代からの職員寮の一階に食堂がありまして、写真はそこで食べた昼定食420円。一見入りづらい社員食堂の構えですが、タクシーの運ちゃんも利用しています。となりでは車掌さんや運転士も食べています。ぼくは「国鉄定食」と名付けたカレイのから揚げ、これがなかなか絶品でした。さて、ここの駅はどこかって?、鉄道ファンが押しかけるかもしれないのでナイショです。
讃洲堂書店
高松に行くと、必ず寄るのが志度線線路際にある古書店、讃洲堂書店。今では少なくなったコミックに頼らない昔かたぎの古本屋で、郷土書と古地図にいいものが出る店です。でも訪ねると、ついご主人の大田さんと長話になってしまいます。外を走るのが志度線の電車です。
駆け足で
中国地方を旅してきました。
写真は行きに乗った寝台特急「富士はやぶさ」、なぜかテールマークが「さくら」になっていました。
初日に食った、山陰本線萩駅前の山本食堂の「バリそば」
これはいわば長門風かたやきそば。スプーンで食べます。
翌日食べた岩国駅前の寿栄広食堂のラーメン。絶品です。
そのあと寄った広島駅前、化石のような純喫茶パールの「ミルクセーキ」個性派で濃厚な味。
広島からの新幹線で食った「夢の超特急0系新幹線勇退記念弁当」今回の旅は、べつに食いに行ったのではなく、真面目な取材です。
サンドウヰッチ
子供のころから駅弁屋のサンドイッチが好きでした。
小ぶりの箱いっぱいに、耳を揃えてはいっている上品なハムサンドがたまらなくおしゃれ見えたものです。なにしろパンといったら給食のコッペパンか食パンしか知らなかったものですから。
そんな、ガキのころの駅弁屋サンドを思い出させてくれるのが東海道線大船駅の「サンドウヰッチ」480円。中に入っているハムを駅弁屋に納めたハム屋が、やがて高級ハムで有名な鎌倉ハムになったという伝説のハムサンドです。ほとんど午前中で売り切れてしまうので、みかけたらつい買ってしまいます。ハムやむっちりとしたパン生地も美味しいサンドウヰッチ。ところで、なぜ「ヰ」の字が入るんでしょうか。
珈琲屋
今週は月曜日(15日)に高松で、坪内政美カメラマン取材のバスツアー「大人の修学旅行」に参加(途中から)。写真は高松市志度にある自家焙煎珈琲店『和楽』の店先に停車するツアーバスです。
ちなみに『和楽』は元は下駄倉庫なので、一見すると珈琲店には見えません。この店は数年前、坪内さんとふたりで“踏切が近い”という理由だけでふらりと寄って、珈琲のあまりの美味しさにファンになった店です。坪内さんはそれ以後入り浸って鉄道グッズを店に持ち込み、おしゃれな自家焙煎カフェが鉄道マニアの店になりつつあります。困ったことです。

ここは名古屋の自家焙煎カフェ『KAKO珈琲納屋橋店』
ぼくの大好きな大須観音に近く、名古屋に行くとよく行く珈琲店でした。今回(19日)行ったら「立ち退きで9月中に店を閉める」とのこと。店の2階から納屋橋の眺めが良くて、何時間でも退屈しない素敵な店でした。残念です。
隠れた名駅弁
横浜の陽軒といえば「しゅうまい弁当」が有名ですが
実は横浜市民がひそかに支持しているのが
この「しょうが焼弁当」です。
柔らかな豚ロースを独特のしょうがタレで焼いた逸品、
これで「しゅうまい弁当」よりも100円安い650円とお値打ち。
でも各陽軒の売店でも数個づつしか入荷しないので
ほとんど常連客だけで完売してしまうみたい。
今日はひさしぶりに1個ゲットして、食っちゃいました。
相変わらず、ウマいです。
猛暑にたまりかねて
小田原の平野を一望できる山に避難
ここは「杉林をブルーベリー畑にした」という農場にあるカフェで
なんというか、“山の海の家”の風情
こんなものも食べられます。
でもこの暑さ
夏らしくって結構好きなんですが
集中力ゼロの日々が続いて、諸般のことが遅れ気味です。
一乗寺
昨日、奈良の取材を終えて京都泊まり、
夕方からはもう古巣になりつつある叡山電鉄の一乗寺界隈にいました。写真は一乗寺商店街の『恵文社』、ぼくはこの店ほど本を魅力的に見せる書店を知りません。いつも立ち読みで1時間はざらです。
それから旧知のフォークシンガーのしんちゃんこと「くすきしんいち」さんと会いました。しんちゃんは最近「ハシゴから落ちた、自転車ドロボーに間違えられた、愛用のギターが一週間行方不明になった」ことをサラリと話してくれました。これがたぶん、みんな曲になるから楽しみです。
一乗寺のライブハウス「のん」で、しんちゃんと話していたらブルースハープ(ハーモニカ)奏者の「吉育」さんがやってきました。スローライクで琉球風の心地いい音を出す方です。「5月19日(月)にこの『のん』ライブやります」とのこと。
時間は1930から、チャージは「投げ銭」とのこと。ちなみに「のん」は叡山電車一乗寺駅から曼殊院通りを東に350mです。
トゲクリガニ
陸奥湾特産のトゲクリガニです。津軽半島から下北半島に渡る陸奥湾フェリーに乗ろうと蟹田港に行ったらフェリーターミナルで乗船待ちの客が盛大に食べていました。聞くと「北海道の毛ガニよりうまい」とか。「でも小ぶりなので身が少ないなあ」とのこと。地元では桜カニといって花見の時期だけ解禁になるとか。食べたいな〜、でも出航直前だったのであきらめました、とほほ。

写真は旧陸軍の大間要塞。日露戦争のときロシアのウラジオ艦隊に津軽海峡を易々と突破され、太平洋沿岸でさんざんに通商攻撃をされたことから函館側の戸井岬と下北側の大間に築いた伝説の大要塞です。この二つの要塞のために戸井線と大間鉄道という二つの鉄道が未完成のまま遺構を残しています。大間要塞は敗戦後米軍によって破壊され、わずかに大間高校隣の草むらにコンクリートの地下壕入り口?がありました。

そのあとレンタカーを野辺地駅前で返して特急つがるで八戸へ。カッコいい特急列車ですねえ。
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.