すばらしい駅舎を発見しました
 いままで見逃していたのがこの駅舎、どこだと思いますか?。鉄道会社でいうと伊豆箱根鉄道になります、円形の外壁に天井までの窓をぐるりと巡らしたモダンでポップな抜けの良さ。まるでヤコブセンのデンマークデザインを思わせるのが十国峠ケーブルカーの山上駅。昭和31年に開業したケーブルカーで、正式には「十国峠駅」と言うそうです。駅舎2階はこのような円形の展望台になっていて、文字どうり駿河や相模など十カ国が望遠できる絶景が展開します。ともあれ、茫漠とひろがる草原に屹立する超モダンな駅舎は、まちがいなく現存するケーブル山上駅のなかでも最上のものでしょう。駅舎は開業時の昭和31年建築、同じ系列だった箱根駒ケ岳ケーブルカーの山上にも似た建物があったようです(現在は解体)。モダニズムデザインは大自然をも絵画的な情景にしてしまう力があるようです。ちなみにここのケーブルカーは往復420円、かなり安いと思います。
九州の駅を巡ってきました
 唐津線と筑肥線が分岐する山本駅。大正元年に建てられた古色蒼然たる木造駅舎が残っている。駅舎の中には地元工業高校生による駅舎の図面が展示されていた。ところでこの駅から唐津線と筑肥線はしばらく、まるで複線のように並行して進んで行くが、これは単線が並列しているので両方向から列車が走ってくる。日本の鉄道風景のひとつの奇観だと思う。ここもかつての炭鉱地帯、100年モノの駅がみられるエリアだ。
ひさしぶりに訪れた松橋駅。いつのまにか駅前には大きなスーパーが開店し、小狭かった周辺の雰囲気も一変していた。それでも九州国鉄の戦後スタイルともいえる「直線モダニズム」の木造駅舎は威風堂々、「俺は只者ではないぞ」とばかりに駅前を威圧している。同時代の個性派駅舎だった宇土駅が改築された今、いつまでも目立ち続けていて欲しい老優だ。
1898年(明治31)のクラシックな駅舎が健在の上有田駅。近年修復されたようで瓦や壁もまだきれいだが、軒や柱まわりの典雅なたたずまいは明治駅舎の美しさを伝えている。周囲には有田焼の窯元が集まり、ささやかな谷にレンガの煙突が立ち並ぶ近代前期の産業都市景観が続いている。これがなんともお洒落で、時間があれば茶碗のひとつでも買い求めたい町だ。そんな渋柿のような風景の中をド派手な九州特急が疾走する。通常駅は無人だが駅前の商店で切符を販売している。
都市化が進む長崎郊外にあって、まるで時間が止まったようなたたずまいを見せる道ノ尾駅。鳥栖駅や旧上熊本駅のように中央に玄関を置いた「代官所スタイル」で、軒下の縦格子や柱が朱色に塗られて、不思議な可愛らしさも見せる駅舎だ。しかし1945年(昭和20)の原爆では谷筋にあったための被災を免れ、この駅から長崎駅方面に救援列車が走った。そして駅前一帯が臨時の救護所になたという。そんな駅だけに、どこか長崎市民の想いも感じさせる。可愛いが、修羅場を経た駅舎なのだ。
御室仁和寺駅
 京福電鉄嵐山線(嵐電)の帷子の辻駅です。先日駆け足で関西を巡り、この駅から電車の乗って御室仁和寺駅へ
ぼくの知る限り、軌道線の停留所でこんな立派な和風駅舎があるのは、これ以外に知りません。
改札口の先に見えるのは仁和寺の二王門、わが和風駅舎も100mほどの距離を置いて対峙していますが、ちょっと押され気味。なにしろ相手は世界遺産ですから。
12月に訪ねた駅舎6
 弘南鉄道の津軽大沢駅です。ここは車庫のある大鰐線の中核駅で、津軽平野の真ん中にあるのどかな駅です。周囲は水田がひろがっていて、農家のおばちゃんもジュースを買いに来ています。駅舎と車庫とホームがゆるーく離れた気持ちのいい駅でした。奥にある廃電車の倉庫も気になりますね。元東急電鉄のデハ6000形のようです。
12月に訪ねた駅舎5
 三角の明かり取りに十字架を置けば、そのまんま教会になりそうなシンボリックな建物の上越線土合駅。ここは下り線が地下80mの清水トンネル内にあって、400段以上も階段を下らなくてはならない駅です。昭和42年(1967)に完成した。この当時はカタチの奇抜さが流行していて、いい意味で建築が風景を作り出すことを意識していた面白い時代でした。
12月に訪ねた駅4

 阪堺電気軌道、上町線の姫松電停の待合室です。この路線は前身の大阪電車鉄道が明治41年(1908)に電車線として開業したもので、おそらくこの待合室もその当時のものと考えられます。と、すれば明治の電停!?。同型の物が住吉電停にもあります。凝った造りのキュートな建物です。

 

12月に訪ねた駅3
 廃止された神岡鉄道の茂住駅です。駅舎は国鉄神岡線時代に建てられたもので、直線を基調にした国鉄モダニズム建築のひとつでした。今では地元の老人クラブ?が集会所に使っているようです。ホームも線路もまだ現役当時のままでした。この雪深い奥飛騨の廃駅はもう雪に中でしょうか。ちなみにあの東大の原子物理学研究施設、スーパーカミオカンデはこの茂住駅から谷を挟んだ対岸の神岡鉱山茂住鉱の地底深くにあるそうです。
この12月に訪ねた駅
 これは東北本線の野内駅
以前はここに駅舎があって、跨線橋でホームに下っていましたが・・・
駅舎がまるごと無くなって橋の入口が民家の玄関みたいになっていました。
以前は石灰石の積み出しで賑わった駅です。
構内ではその積み出し用のコンクリートの設備が撤去中でした。
日本最北の駅

 先日、新潮社の「日本鉄道旅行地図帳」歴史編成「満州・樺太」が届きました。
それを見ていたら・・・

1845年8月まで、日本最北の駅は日ソ国境が近いこの「古屯駅」だったことに気がつきました。
これが現在(といっても数年前ですが)の旧古屯駅だった「バべージノ駅」です。もちろん激戦地なので日本時代の駅舎など跡形も無くなったでしょう。ところで上の地図で「樺太セメント工業石灰山軌道」なるラインがありますが・・
ちゃんと古屯(現バベージノ)駅の東側にごらんのような軌道が続いていて、地図の石灰山軌道と符合します。
軌道はのちに修復されたようで橋や橋脚はコンクリートのがっちりとした物でした。ここは駅から約5kmほど入ったところで敷香川(たぶん)を渡る地点で、これ以上は道路から離れて探索できませんでした。
地図だとこの付近までの軌道のようですが、近くに鉱山らしきものはなく終点の雰囲気もありませんでした。
いまもって、謎の線路ですが、それはともあれ当時は、この最果ての地まで「国内」だったとは驚きです。

余談ですが本日、
我が地元のベルマーレ平塚(おっと、湘南ベルマーレでした)がJ1に復帰しました。

名寄駅で

 これは名寄駅構内の木造車庫。
列車が丸ごと納まる、べらぼうに長い建物です。
ん?、屋根に人影が・・・

換気口の工事をする作業員、寒そうです。

そのとき、近くで揉め事が発生。

日当たりのいい場所にいる、白黒ネコの座を狙った茶色ネコが
ジャンプ一番飛び掛かったものの、白黒のパンチが一閃!
茶色はでんぐり返ってしまいました。

茶色はそのまま転落して退散、白黒強し!。
こいつは名寄のボスネコかも・・・

CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.