津軽鉄道に行きました
今年三度目の津軽鉄道です
ここは終点の津軽中里駅構内、いまも転車台が残っていました
昔は、おもにラッセル車の方向転換に使っていたとか。
古めかしい木造の車庫もあって、この構内設備をどう利用しようか
会社もいろいろ考えているようです。

今回は、津軽鉄道名物となった冬の「ストーブ弁当」に
続いて、春は芦野公園の桜にあわせて「津軽鉄道・さくら弁当」の発表を見てきました。
今回のさくら弁当も、地元の創作料理店「神家」が調製したもの。
これはお世辞ぬきにうまいです。ニシンの山海漬けやだし巻き玉子など各パーツの完成度が高く、美味しいオカズ打線に切れ目はありません。地元の黒米を炊きこんだピンクのごはんもさくらの気分。
製作者の愛を感じる弁当は1個1000円。
北国の春は「さくら弁当」とともにやってきそうです。4月10日〜7月中旬まで、3日前までで2個以上の予約制です。
ああ、うまかった。

弁当の後は線路。これは東京メトロ丸ノ内線の第三軌条です。あの線路の脇にある電源用レールで、刻印をみると1955年(昭和30年)とありました。電源レールは通電性を良くするために通常レールとは違う組成の特殊レールで、丸ノ内線開業時に製造されたものが50年後も使われていました。ちなみに、丸ノ内線の普通のレールは1980〜2000年代製がほとんどだそうです。
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://sugizaki.oline.jp/trackback/852278
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.