京都に遠征
思い立って、神奈川から西にクルマを飛ばしました。 これは関ヶ原駅(東海道本線)。昭和19年の木造駅舎に手を加えて使っていました。以前は切り妻屋根でドーマー窓(小窓)もない瀟洒な洋館建築で、駅舎は左右に増築されたようです。
その関ヶ原は、ご存知天下分け目の決戦地。東海道本線が走る谷には戦国武将の陣跡が点在しています。これは西軍の本陣、近くには石田光成の陣跡もありました。
最近では戦国ゲームでファンになった歴男・歴女たちがこの決戦の地を歩いているようです。ちなみにこの翌日からはクリスマス寒波で40センチ以上も積雪があったとか。
関ヶ原の先の岐阜・滋賀の県境。小さな水流が東海と近畿を隔てていました。
さて、滋賀県内をすたこら走って大津宿の先の逢坂峠を超えました。
その逢坂の関跡に近いうなぎの名店「かねよ」で名物「きんし丼」にありつきました。
日本庭園の離れでいただいた「きんし丼」、感動的な大きさのだし玉子が、うなぎの上に乗っています。
しかも離れの窓からは京阪電鉄京滋線の電車がよく見えます。店は大谷駅の真上にあって、うなぎと電車が楽しめます。ここは穴場です。
さて、これは左京区の哲学の道に近いB&B「鹿麓」の朝ごはん。ここの宿も穴場です。
昼は八坂神社の近くで「柚子ぞうすい」、でっかい柚子が土鍋で湯気を上げています。
それから祇園の「安井金比羅神社」へ、ここは京都最強の「縁切り」神社として有名で、願をかけた無数のお札で真っ白になった縁切り縁結び石が異様なオーラを放っています。この石をくぐると願いがかなうのだとか。境内には「誰かと誰かの縁を切ってくれ!」という実名入りの絵馬がわんさかと掲げられて、本当に読みごたえがありました。
おっと、この日はクリスマスイブ。一乗寺の書店「恵文社」にも、ささやかなイルミネーションが飾られていました。
さて、夜は烏丸丸太町のライブハウス「スローハンド」で「はつ菜」のライブ。
往年の山崎ハコを思わせる繊細でパワフルなバラードには、ちょっと驚かされました。
ところで「はつ菜」のお父さんは、フォークシンガーの「くすきしんいち」さん。隣で娘を見ながらにやけていました。


CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.