トレッスル橋
 写真を整理していたら、似たような橋の写真がみつかりました。
いずれも橋桁を直線状の鉄骨で組み上げたトレッスル橋で、1900年代初頭のアメリカでは橋メーカーがこのスタイルの鉄橋を世界各国に広げていきました。そのころは橋梁技師が現地を実測して橋梁メーカーが工場で部材を製造し、船で運んでプラモデルのように組み上げたようです。

懐かしの餘部鉄橋です今ではこの脇にコンクリート橋が完成して、旧鉄橋はすっかり撤去されています。明治45年完成のアメリカ製トレッスル橋で、細めの鉄財を組み合わせた優美な姿が特徴でした。
これはトレッスル橋の開発・製造元のアメリカ、ハワイ島でみた旧サトウキビ鉄道の橋、現在は拡幅されて道路橋に転用されています。だから橋脚も二重になっています。ちなみにハワイの鉄道の多くは1946年に発生したアリューシャン大地震による津波で壊滅してしまいました。津波に襲われた鉄道は日本だけではないんですね。
南海高野線中古沢鉄橋も、トレッスル橋のひとつ。山中深くに隠れていて、少し前までは、あまり知られていませんでした。
津久井方面から横浜港まで連絡していた横浜水道の大貫谷戸水路橋(横浜市旭区)も堂々たるトレッスル橋です。全長は306mあって保土ヶ谷バイパスと国道16号線が交差する上川井ICの東側にあります。
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.