ヒコーキのあそこ
さて、このあいだわがヒコーキのお師匠から
「お前のブログはテツばかりでつまらん」と叱られてしまいました。
そこで残暑見舞いがわりに、なかなか見られないであろうお宝映像を
アップしました。
まずこれはおフランスが開発した世界初のリアエンジン旅客機、シュド・カラベルのコクピット。
横向きの航空機関士席が一段高くなっています。また操縦席との間に
カーテンも装備されています。
さてこれは、わかりますね。
そう、スェーデンが誇る?サーブRF35ドラケン偵察機の着陸灯です。
この機体も原型はダブルデルタの超音速戦闘機で、その後類似機が出てこないほどの個性派でした。でも近年のスティルス機になんとなく似ているなとも思いませんか。
さあ、これはなんだ・・・
はい、あの水上飛行艇の名機、アメリカのPBY6Aカタリナの機首に
装備されているアンカー(錨)です。
飛行艇は飛んでいないときはフネそのものなので、
これが必要になるわけですね。
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.