西本監督、逝く
阪急ブレーブス、そして近鉄バファローズを率いて熱い戦いを繰り広げた名将、西本幸雄さんが亡くなられました。何度も日本シリーズに挑戦しながらも、あと一歩で敗れ、私も大阪球場や広島球場で対戦相手の古葉監督(広島)の胴上げを見て口惜しい思いをしました。それでも大陸で戦った元陸軍将校らしく、「没法子」(メイファーズ=しかたがない)という言葉を残し、淡々と去っていくカッコ良さが際立っていました。どこぞのGMと独裁会長の泥仕合よりは、はるかに大人でさわやかな引き際も見事。近鉄バファローズファンとして、故仰木彬監督とともに忘れられないダンディな監督でした。合掌
山田久志スタジアムなど
 
秋田県能代市にある市営球場は「山田久志スタジアム」といいます。そう、往年の阪急ブレーブスのエースで独特のアンダースローが美しい投手でした。山田投手はこの能代市の出身だそうです。


青森県五所川原市の芦野公園に展示してあった津軽森林鉄道の人車が放火されてこのような状態に・・・。もう文化財テロ、将来に絶望した人間の犯行でしょうか。


山田久志といえば、久志ぶりに訪ねた鶴見線海芝浦駅。車止めの奥にあった「海芝浦公園」は台風18号で被害を受けたようで閉鎖されていました。

徳島県の牟岐線の車窓から見た謎の構築物。ベルトコンベアか架空索道の遺構か?、四国は大規模な石灰鉱山があるので、たぶん石灰系の鉱山遺物のようです。
高校野球
関東地方の梅雨明け宣言が発表された昨日
平塚球場の高校野球神奈川大会の一回戦に行きました。
彼はある県立高校の本格派エース
球威満点の投球で9回ウラまで1安打の力投を続けます。

ところが味方の援護なく、2安打目がなんとサヨナラ打に!

無情なドラマに茫然と座り込んでしまいました。
でも、彼の素晴らしい投球は目に焼き付いています。

一瞬、高校時代に戻ったような夏の日

平塚球場には気持ちのいい海の風が吹いていました。
ヤンキースタジアム

さっき、ヤンキースタジアム最後の試合のニュースを見ました。
僕は、ヤンキースにはたいして思い入れはなかったけど
下町球場だったヤンキースタジアムは好きでした。
メジャーリーグを代表する球場なのに、古い電車の駅の隣にあってクルマが発達する前からあった、ちょっとくたびれたボールパークの風情がよき時代を感じさせてくれました。
日本でいえば亡き大阪球場が
ヤンキースタジアムに一番近い雰囲気だったかもしれません。
個性派フォーム
今は夏の高校野球の県予選の真っただ中
彼は先日見た県立高校のエース君。
この試合はちょっと勝のが難しい私立のシード校との対戦でしたが
好投した2年生投手の後を受けて、相手の攻撃をゼロに抑えました。
試合は2−5で敗れましたが、最終回は2死満塁まで攻め込んで
あわやミラクル、と思わせる局面にまで持ち込みました。
昔はほとんど見られなかった変則投法ですが、浮き上がる球は
相手を翻弄していました。

体格や筋力にあわせた個性的な投球フォームが現代野球で
認められたのも、あの男がいたからにほかなりません。
日米通算201勝1セーブの野茂英雄投手。
「引退」のニュースに、各スポーツ紙が「星野ジャパン代表決定」を
吹き飛ばして、1面トップで報じたのも当然でしょう。
でも、僕は野茂が渡米するとき裏切り者扱いしたH知新聞や
絶対通用しないと言い切った野球評論家のH岡のことは覚えていますよ。

ちなみに野茂唯一の1セーブは、西武球場でのライオンズ戦、
オールスター休み直前の試合で仰木近鉄監督が面白半分に起用したもの。
ぼくはこの試合、見ていました。
宝物のような思い出のひとつです。
球は後ろだ!
ここのところ、立て続けの締切の間隙を縫って
花見と野球見物、この試合は高校野球の春季大会の予選。
キャッチャー、ボールを見失うの図。
おい、球は後ろだ!
ローカル球場は間近で見られるから、なかなか面白いです。
でも春はか風が強く、グラウンドは砂塵が舞い
相撲でいうところの『砂かぶり』席でもありました。
今年もこれから、花鳥風月ならぬ「花鳥風球」の日々
ときどき列車に乗って「花鳥風鉄」にもなります。ははは
球春!
今日は東京ドームで今年初めての野球観戦。
中日ドラゴンズVS北海道日本ハムファイターズの
昨年の日本シリーズ以来のカードです。
試合はドラゴンズがエース川上憲伸、
ファイターズはスウィーニーの先発。
序盤は投手戦でしたが3回裏にファイターズが伏兵、
稲田の一発で先制
その後も不安定な守備のウッズ(1塁)へ内野ゴロを集中させるなどしてファイターズが4点のリード。
そのまま終わるかと思った9回表にドラゴンズが、これも伏兵デラロサのスリーランで一点差まで追い上げる好ゲームでした。
ドラゴンズ中村紀がファイターズ梨田監督の前で2安打。
またファイターズのコーチ陣に真喜志や吉井といった猛牛戦士たちがいて、元バファローズファンとしては小さな同窓会みたいでもありました。
この時期は毎年選手名鑑を片手に観戦。
ファイターズでは宮西、星野、豊島といった若手投手が好投、
ドラゴンズではリリーフエースの岩瀬やベテラン立浪も見られ
なかなかお得なオープン戦でした。
ベースボール
beseball1.JPG
先週はヤンキースタジアムで対クリーブランド戦を見ました。しょぼ降る雨の中ヤンキース先発の王(Wang)がいきなり初球ホームランを喰うなど締まらないゲームで、メジャーリーガーも結構すかたんのプレーをしていました。でもホットドッグはソーセージのみ旨かった。(文章になっとらんなあ)
beseball2.JPG
その四日後、神奈川県内の野球場で高校野球の神奈川予選。彼は安全パイと思われていた格下の相手に土壇場で3点差をひっくり返されてサヨナラ負けを喫したエース君。泣くな!。野球はメジャーだろうが少年野球だろうが、おんなじことが起こるですなあ。
むかし評論家の関根潤三さんが「この勝負どうなると思いますか?」と聞かれ「丸いボールと丸いバットがぶつかるんだ、どうなるかわかんねーだろ」という秀逸な意見を言っとりました。同感です。


9人のエースたち
出張帰りでとーんでもなく忙しい今日この頃ですが、チマタでは高校野球の県予選も始まって
プロ野球の好きなチームを失った(去年の9月のブログをみてね)野球好きオヤジとしては、落ち着かない日々を過ごしています。そこでベースボールの主役、ピッチャーの最も美しく見える背中からのフォームを9人並べてみました。
01.JPG
松坂(西武)のように重心の低いフォーム。尻上がりに調子をあげて勝ち投手になりました。
09.jpg
グラブを大きくつきだすカッコいい投げかた。かつての池谷(広島)や平松(大洋)がコレでした。
02.JPG
速球に威力があった彼、背中全体でバッターに向かってゆく小林雅(千葉ロッテ)みたいでした。
08.jpg
低めに投げ続けていた門倉(横浜)似の投手、後半疲れてコントロールを乱してしまいました。
05.JPG
強豪校に臆せずインハイに投げ込んでいた水産高校のエース、東尾(ライオンズ)を思い出しました。
04.jpg
往年の金田正一(国鉄)を右にしたみたいだった投手。カーブの切れが抜群でした。
03.JPG
カッコよく大柄な体をバネのように弾ませて投げていた力投型、津田(広島)のようだった。
06.JPG
このなかで唯一甲子園をねらう私立の二番手投手、投げ方から顔まで星野仙一(中日)そっくり。
07.JPG
懐かしい山田久志(阪急)のような正当派サブマリン、正確無比なコントロールもエラーに泣きました。





球春到来
yakyu1.JPG

ゆうべは御前サマだったので今日は大寝坊、東京に出る予定もキャンセルしてぼけぼけ。
天気がいいので午後から散歩に出かけたら、近所の球場で高校野球の春季大会をやっていました。
このチームは部員たった10人の農林高校。神奈川県にもまだ農林高校ってあったんだ。

yakyu2.JPG

主戦投手の彼は、往年の広島のエース池谷公二郎を左にしたようなフォームで速球を投げ込みす。

yakyu3.JPG

でも、序盤はリードしたもののしだいに打ち込まれて、点差はひろがるばかり。

yakyu4.JPG

終わってみればら3−7の逆転負け。ああ、部員少ないなあ。でも、試合中声は出ていたぞ。
そんな少年達にパワーをもらって、オジサンはちょっと元気が復活しました。
球春到来!、家に帰ったら東北イーグルスが初戦を飾っていました。
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.