ジャケ写真
 先日、大磯港の岸壁で地元のインディーズバンドの写真を撮りました。名前は「カントリーバイブス」といいますが、カントリーバンドではございません。ちょうど後ろでは砂利船が積み下ろしをしていました。
富士山
 先日、御殿場線と富士山を撮してきました。ちょうど田植えが終わった時期で残雪の富士山が田んぼに映っていました。ここのところ世界遺産の認定がらみで、富士山のまわりをうろついていました。「富士山と鉄道」の写真はフォトライブラリーなどでも冬が多いので、こんな緑がある写真が少なくて困っています。カメラマンの方々、どんどん撮りましょう。でも、梅雨になってしまいましたが・・・。
彦九郎殿
 先日、群馬県は太田市の郊外を歩いていましたらこんな史跡?に出くわしました。「高山彦九郎遺髪塚」なるところ。門だけの空き地でしたが、誰だが偉い人がここにいたんだなあ・・という感じでさほど気にも止めませんでした。それが意外なところで彦九郎さんと再会?してしまいました。
場所は京都三条大橋のたもと。ちょうど京阪三条の駅がこの下にございます。その大通りの角地に京都御所に向かって遥拝する高山彦九郎さんがいるではないか。群馬県からここまで遠い道のりでしたなあ、というか、このお方、江戸時代の勤王思想家で諸国を旅して天皇中心主義を唱え、最後には幕府の尾行がついた事に腹を立てて、自ら腹をカッさばいて自刃したという激しいお方でした。ともあれ京都人にとって「三条の彦九郎さん」といえば待ち合わせの名所として超有名です。お顔もかなり、怖いです。
須磨カーレーター
 ようやく乗れました。神戸市の須磨浦公園にある傾斜地移動マシンの「カーレーター」であります。これはゴムのベルトコンベア状の帯に鉄製の椅子を装着したもので、大騒音とともに動いてゆきます。その動き方もビミョーに伸び縮みするゴムらしく、ふわふわとしていて、でも機械らしい律儀な作動のアナログ感あふれるもので、自分がまるで石灰岩か石炭になったような運ばれ方です。すでに50年以上も稼働する「機械遺産」で、私は幼少のみぎりにコレに乗せられて大泣きした記憶がございます。ちなみに、登った先には播磨灘が一望の回転展望喫茶もございます。
豊郷小学校
 先日、近くを通った際に寄った滋賀県豊郷町の旧豊郷小学校校舎です。昭和12年に地元出身の伊藤忠兵衛(つまり伊藤忠ですね)の寄付を元に建築家ヴォーリズの手によって完成した、すんばらしい建築です。ここはかつて、町がぶっ壊して建て替えようとして、反対運動で大騒動になった現場ですが、幸い保存が決まって今では中に町立図書館や教育委員会なんかが入っています。
廊下なんかこんな感じで、扉の中は図書館です。近年、ここが少女マンガの舞台になって(「けいおん」とかいうやつ)外国からもファンが訪れる聖地なんだとか。一見の価値ありの建物です。ちなみに日曜日には内部に食堂もオープンするらしいです。
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< May 2016 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2016 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.